予防接種

みんなのための予防接種

予防接種を受けるのは生まれた赤ちゃんでありまして、一番の目的は赤ちゃんの健康を守るということです。

もし赤ちゃんが病気になってしまった場合、病院に通うためには赤ちゃん一人では無理なので、ママかパパが連れて行くことになります。病院の診察時間に間に合わせるとなると定時では無理だと思いませんか?

ママやパパが子供の面倒を見ることは当たり前であり、何よりも大事なのは子供が健康でいるということです。

予防接種をすることで、健康を保つことができ病院知らずということは、赤ちゃんも家族も嬉しいことなのです。

赤ちゃんの免疫力と予防接種の必要性

赤ちゃんは生まれた時はお母さんから貰った免疫にて病気などから守られています。
しかし、その免疫力も3ヶ月から弱くなり始め、1歳を迎える頃にはほとんど失われ、自分の免疫力で病気と闘わなければいけなくなります。

お母さんから貰った免役が無くなった状態では、また赤ちゃん自身の免疫力も弱く、外出などをした場合、様々な病気に感染してしまう危険性があります。

赤ちゃんは大人と比べると体力が無いので、重症化してしまうことが考えられます。
赤ちゃんが色々な病気にならないように、予防するために必要なのが予防接種なのです。

保育園での感染

産休・育児休業を取得した場合には、赤ちゃんは保育園にて過ごすことが多いと思います。

保育園では様々な子供と一緒に過ごしますので、もし感染性の病気を一人でも発症した場合には、飛沫感染、接触感染などにより予防接種を受けていない多くの子供が感染してしまうのです。

自治体により定められた予防接種時期

お住まいの地域により集団での予防接種を実施している場合もあります。
また接種に適している時期が決まっております。
役所にて赤ちゃんの予防接種時期に関して問い合わせておくようにしましょう。

法定予防接種(定期接種)は期間内無料

法的予防接種とは法律により定められている予防接種であり、対象年齢・対象時期や接種回数などが規定されております。

法的予防接種にて防ぐことができる病気は、重症化する危険性のある病気ばかりですので、赤ちゃんのためにも必ず受けるようにしましょう。

妊娠申請時に母子手帳を受け取る際、予防接種の無料接種券も一緒に発行される場合がありますので、無くさないように気を付けましょう。

法的予防接種早見表

以下に法的予防接種の種類と、接種期間などを一覧にてご紹介します。

予防接種名

回数

接種期間

標準接種期間

ポリオ

2回

3ヶ月〜7歳半

3ヶ月〜1歳半

DPT(三種混合1期)

初回3回
追加1回

3ヶ月〜7歳半
1歳〜7歳半

6ヶ月〜1歳
1歳〜1歳半

DPT(三種混合2期)

1回

11歳〜13歳

11歳〜12歳

麻しん(はしか)

1回

1歳〜7歳半

1歳〜1歳3ヶ月

風しん

1回

1歳〜7歳半

1歳〜3歳

日本脳炎

初回2回
追加1回

6ヶ月〜7歳半

3歳〜4歳
4歳〜5歳

BCG(結核)

1回

0ヶ月〜1歳

0ヶ月〜6ヶ月

※ポリオ、DPT、日本脳炎など複数回接種が必要なものは、規定間隔をあけて接種する必要があります
※複数回接種が必要な場合は、標準接種期間に複数回接種することが望ましいとされております。
※DPT・三種混合:ジフテリア、破傷風、百日せき

任意接種で重症化を防ぐ

法的に定められている病気ではないが、予防接種を受けることにより、発症回避、または発症したとしても比較的軽い症状で済む、などのメリットがあるのが任意接種です。

任意になりますので、費用のかかる予防接種もありますが子供の通院、自宅療養のために長期の休業を余儀なくされることを防ぐ、また何より子供のためにも任意接種を検討してみてはいかがでしょうか。

おたふく風邪(流行性耳下腺炎)

1歳から受けることができるのが、おたふく風邪の予防接種です。
おたふく風邪は発症することで、耳の下、または顎にかけてまでが腫れ上がり、発熱、頭痛、嘔吐、腹痛などの辛い症状が長い場合1,2週間続きます。

特効薬の無いおたふく風邪

おたふく風邪はムンプスウイルスに感染することを起因として発病しまして、ウイルスに対抗する薬はなく、解熱剤や鎮痛剤などを使った対処療法を行い、自然治癒を待つことになります。

合併症の危険性

おたふく風邪を発症することにより、髄膜炎や難聴などを併発する危険性があります。
決して多いとはいえませんが髄膜炎の場合は1割に近い確率で併発するという統計もあります。

大人になってからは、睾丸炎や卵巣炎などの合併症も考えられます。

水痘(みずぼうそう)

おたふく風邪と同様に1歳を過ぎてから受けることができます。みずぼうそうのワクチン接種には賛否両論ありまして、外見的な症状は全身に水ぶくれができるので酷いのですが、特に治療をせずとも治ることもあり、予防接種を受けずに免役をつけるために小さいうちに発症しておいた方が良いという人もいます。

発症後の水痘ワクチン接種

また、発症後すぐにワクチンを接種することで、症状を抑えることができるという事実もあります。

予防接種で症状軽減

みずぼうそうの予防接種を受けたとしても約2割の子供は、みずぼうそうを発症してしまうという統計があります。

しかし、予防接種をしないうえで発症した場合とは、症状としてのみずぶくれの数が圧倒的に違い、子供の負担も少なく早めに軽快するというメリットがあります。

大人になってからの水疱瘡は重症化すると言われておりますので、子供の内に予防接種を検討してみてはいかがでしょうか。

インフルエンザ

定期的に流行するインフルエンザウイルスと共に、Hib(インフルエンザ菌b型)という細菌に感染するために発症する2種類に分かれるインフルエンザにも予防接種が有効です。

インフルエンザウイルスワクチン

ウイルスによるインフルエンザを予防するためのワクチンは、その年に合った(流行しそう、流行している)ワクチンを接種することで、インフルエンザの発症を未然に防ぐことが出来るようになります。

予防接種を受けたからといって確実に発症しないとはいえず、1回の接種で60%強、2回の接種で約90%は発症を防ぐことが出来ると言われております。

幼児の場合は体力、免疫力から大人ほど発症を防ぐことができないとされております。

Hibワクチン(ヒブワクチン)

DPT(三種混合)と一緒に予防接種を行うことが出来る場合もあるHibワクチンは、Hibによる肺炎などの感染症を防ぐことが期待できます。

また、おたふく風邪同様に髄膜炎を発症(Hib髄膜炎)する可能性があり、後遺症なども懸念されます。

  • 【育休の期間や対象者】 | 育児休業制度に設けられている制限
  • 【産休について】 | 女性・出産のための休業制度

  • 【これから産休育休をとる方へ】労働基準法の条文や就業規則について
  • 【育児休業】休める期間やもらえる金額はどのくらい?
  • 【産前産後休業】出産前後の期間や、対象となる条件
  • 【気になる給付金・お金の話】社会保険や医療費の控除などについて
  • 【産休・育児休暇トラブルFAQ】休暇を申請したら解雇!?突然の倒産!?などのトラブルについて