産休・期間

産休の期間

産休には産前休業と産後休業があることはご説明しました。
産前休業と産後休業では、その期間に違いがあり、明確に法律にて定められております。

産前休業の期間

産前休業は出産予定日前の6週間(42日間)休業することができます。そのため申請時に分娩予定日などを確認することができる診断書などが必要になるのです。

もし、双子や三つ子ちゃんを妊娠(多胎妊娠)している場合には、14週間(98日間)前から休業に入ることができます。

あくまで予定日ですので、実際に出産する日は前後する可能性があります。
出産予定日よりも早く生まれた場合は、産前休業は短くなり、遅れた場合には休業期間が6週間を過ぎていたとしても、出産したその日までが産前休業ですので、期間は延長されたことになります。

産前休業は任意です

産前休業は必ず取得しなければいけない訳ではなく、出産ギリギリまで働いていても問題はありません。

これは逆に言うと申請しなければ産前休業は取得できないということですので、自分の体調などを考慮して産前休業を取得するか考えましょう。

産後休業の期間

産後休業は出産した翌日から8週間(56日間)が休業期間となります。出産したことを確認するための出産証明書が必要になります。

8週間とされておりますが、女性が職場への復帰を望み、医師による診断を受け、復帰しても問題無いという診断書などがあれば、産後6週間で産後休業を終了することができます。

産後6週間は就業禁止

希望することで6週間後には働くことができますが、産後6週間以内の就業に関しましては、本人が希望し医師の太鼓判があったとしても禁止されております。

もし就業させた場合には、事業主には6ヶ月以下の懲役、または30万円以下の罰金が科せられます。

産休を取得できる対象者

法律上には産休を取得するためには条件は女性であること以外はありません。
就業している女性で出産予定日が分かっていれば誰でも産休は取得することができます。

これは、正社員や派遣社員、期間社員はもちろん、パートやアルバイトでも取得することができます。

妊娠を隠して就職

多くはないと思いますが、妊娠していることを会社に隠した状態で就職を決めてしまうという人もいるそうです。

妊娠を告げた、または産休を申請したことによる解雇は法律で禁止されておりますが、企業の対応云々の前に、妊娠していることを隠した状態での就労は、母体、お腹の子供共に危険な状態ですので、隠しての面接・就職はもちろんのこと、妊娠が判明したらすぐに上司に伝えるようにしましょう。

就業規則による規定

法律上は産休取得対象者に関する記述はありませんが、就業規則にて規定されている可能性はあります。

育児休業と合わせて「雇用された期間が1年未満の人は産休を取得することができません。」などと明確に期間などが規定されている場合もありますので、特に修業期間が短い人は就業規則を確認するようにしましょう。

産休は復職前提?

出産後に復職の意志があるから申請するのが産休ですが、法律には復職することが前提であるような記述はありません。

出産後に体調が回復しないなどの要因により、復職したくても、どうしても復職ができないという人もおりますので、産後休業後の退職を計画しての産休申請は行わないようにしましょう。

  • 【育休の期間や対象者】 | 育児休業制度に設けられている制限
  • 【産休について】 | 女性・出産のための休業制度

  • 【これから産休育休をとる方へ】労働基準法の条文や就業規則について
  • 【育児休業】休める期間やもらえる金額はどのくらい?
  • 【産前産後休業】出産前後の期間や、対象となる条件
  • 【気になる給付金・お金の話】社会保険や医療費の控除などについて
  • 【産休・育児休暇トラブルFAQ】休暇を申請したら解雇!?突然の倒産!?などのトラブルについて