体重計測する女性

ホルモンバランスが太り易さを作る!?

産後太りってご存知ですか?

産後太りとは、妊娠中に摂取したエネルギーや脂肪を減量することができずに現状を維持してしまったり、更なる体重増加を言います。
出産を経験なさってる方の中にも、出産後に太ってしまったという人がいると思います。

実は、産後に太ることは意味仕方ないという部分もあるのです。
妊娠中はホルモンバランスが乱れや変動の影響により、食欲増進や太り易い体質に変化するのです。

そこで、産後に変わってしまったその体を前の体型に戻せるようなダイエット法をSlismさんに伺って見ました。

産後ダイエット、始めるならいつ?

産後ダイエットを始める時期としては産後1ヶ月くらいが目安と言われ、そこからが勝負です。
産後1〜3ヶ月までの期間は特に体型を戻し易い、或いは栄養の摂れた食生活(過剰摂取をしないなど)を送っていれば何もしなくても少しの体重減少が見られると言われています。

また、産後ダイエットは6ヶ月までが本当の勝負なのです。
妊娠中に付いた脂肪は、比較的落とし易い脂肪と言われています。

産後6ヶ月までに落とすのは難しそうという人は、最低1年を目処としましょう。
6ヶ月を過ぎると、落とし易かった脂肪もだんだんと定着して落としにくくなります。しっかりと定着されるまでに落としてしまいましょう。

体の歪みを治して痩せ体質!

妊娠・出産を経験すると胎児の受け皿としての役割を果たしていた骨盤は開きっぱなしです。
骨盤が開いた状態のままだと太り易い体質になり、内臓の受け皿の役割もしているため下方へ垂れてきてしまい、ぽっこりお腹が出来上がります。
特にウエストからヒップにかけて脂肪が付きやすくなり、ボテッとした体になってしまいます。

こんな肥満体質を避けるためにも、出産後は骨盤を矯正することから始めましょう。
骨盤矯正は歪んだ骨を正し、垂れ下がった皮膚や脂肪を持ち上げる効果があります。

歪んでいた部分が矯正されると血液の循環が改善され、女性特有の冷えなどの症状や下半身太りが改善されると言われています。

妊娠・出産を控えている人には、産後6ヶ月まで若しくは最低1年がダイエットに最適の時期ということを知っていただけたと思います。今回、このお話はポータルサイト・ダイエットSlismさんにお伺いしました。スリズムさんでは、骨盤矯正の他にも産後ダイエットに良い運動や食品をご紹介していますので、ご覧になってみてはいかがでしょう?

ダイエットSlismの紹介

ダイエット何もしなくてもカロリーを消費すると言われる基礎代謝を高めることはダイエットにも繋がります。Slismは、基礎代謝を高めながら行えるダイエット情報が満載で、綺麗になりた人、痩せたい人たちのためダイエットサイトです。

基礎代謝を高めるダイエット方法をご紹介Slism
http://slism.jp/

産後ダイエット記事の紹介

産後、体型を戻すタイミング
http://slism.jp/communication/column-0062.html

産後ダイエットを行うにベストなタイミングや、痩せるために必用な情報をコラム形式で紹介されています。出産を控えている妊婦さんは是非ご覧になっておいた方が良い情報です!

あなたの基礎代謝量は?
http://slism.jp/diet-tool/kisotaisharyo.html

基礎代謝量により摂取カロリーに影響が出てきます。基礎代謝が低いのにカロリーを過剰に摂取していたら、消費しきれずに脂肪に変わる場合があります。脂肪として蓄積しないためにも基礎代謝量を知っておくことは大事なのです。

基礎代謝を高めるなら運動ダイエット
http://slism.jp/method/sports/

ダイエットを成功させるには摂取カロリー<消費カロリーの関係があるのです。そこに基礎代謝が加わると更に消費カロリーUPなどの効果があります。基礎代謝をアップさせる運動でダイエットの成功率もUP!?

  • 【育休の期間や対象者】 | 育児休業制度に設けられている制限
  • 【産休について】 | 女性・出産のための休業制度

  • 【これから産休育休をとる方へ】労働基準法の条文や就業規則について
  • 【育児休業】休める期間やもらえる金額はどのくらい?
  • 【産前産後休業】出産前後の期間や、対象となる条件
  • 【気になる給付金・お金の話】社会保険や医療費の控除などについて
  • 【産休・育児休暇トラブルFAQ】休暇を申請したら解雇!?突然の倒産!?などのトラブルについて