妊娠

年齢的なギャップをどう乗り越えればいいの?

たしかに高齢出産の女性の数は多くなってきましたが、年齢としては、母親は20〜30代が多く、自分の子どもの公園デビューのときなど、どうほかの子どもの母親と接していいかわからない人も多いと思います。あせらず自分のペースで、除々に慣れていくのがいいと思います。年齢には自分より若くても、ママとして先輩なので、勉強になることや、頼りになることも多いです。
若いママでも周りとうまく付き合えない人もいるので、年齢と言ってもそれほど関係ないのかもしれません。気楽にいろんな年代のママと友達になってください。年齢が高くても気持ちは若く、無理をせずに育てていきましょう。子どもにとって母親は、世界であなた一人なのです。自信を持って育ててください。

もし精神的につらくなったら

もしどうしてもつらくなったときは一人で悩まず、周りの人に相談してください。ストレス発散に子どもの服やおもちゃを買いに行くのも良いと思います。自分なりのストレス発散法や、リフレッシュ方法を見つけてください。子育ては楽しいことばかりではなく、つらいことも大変なことも多いですが、愛情をこめてわが子の成長を見守っていきましょう。

「高齢出産」参考サイトの紹介

初めての高齢出産を経験する方のために高齢出産のメリットやデメリットなどを詳しく解説します。高齢出産を望むに当たって必要となる高齢出産の基礎知識、妊娠中の生活、出産後の生活について紹介しています。

高齢出産
http://koreishussan.jp/

”高齢出産”に関する記事の紹介

高齢出産とは何か
http://koreishussan.jp/a00koreikiso/a01koreitoha.html

高齢出産に望む前に、高齢出産についての正しい知識が重要です。何歳から高齢出産と呼ぶか。高齢出産の医療の進歩、高齢出産の出産後の不安などを詳しく解説します。このページをみて詳しく高齢出産のことを知りましょう。

高齢出産のデメリットとメリット
http://koreishussan.jp/a00koreikiso/a02koreimeritto.html

高齢出産ではメリットとデメリットがあります。デメリットと聞いてもそんなに不安になる必要はありません。デメリットを知りできるだけ回避できるよう知識を深めましょう。そして高齢出産のメリットについてもご紹介します。

病院選びのポイント
http://koreishussan.jp/d00qa/d01byoinerabi.html

病院は個人病院と総合病院のどちらがよいでしょうか。自分の出産方法の希望と健康状態にあった病院を選びましょう。このページでは個人病院と総合病院の違いを詳しく解説します。

  • 【育休の期間や対象者】 | 育児休業制度に設けられている制限
  • 【産休について】 | 女性・出産のための休業制度

  • 【これから産休育休をとる方へ】労働基準法の条文や就業規則について
  • 【育児休業】休める期間やもらえる金額はどのくらい?
  • 【産前産後休業】出産前後の期間や、対象となる条件
  • 【気になる給付金・お金の話】社会保険や医療費の控除などについて
  • 【産休・育児休暇トラブルFAQ】休暇を申請したら解雇!?突然の倒産!?などのトラブルについて